読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともだちが訳ありに負けない激安価格~!

激安
もう少しおおきくなって読んだら、自分なりの解釈ができるかな。「友達」って!とってもいいものなんだよ。幼稚園児でも!年長のこの時期になると!いろいろなことを感じられるようになります。

こちらになります♪

2017年04月03日 ランキング上位商品↑

ともだちともだち [ 谷川俊太郎 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

「ともだちたくさん作ってね」と「おばちゃん(とは呼ばせてないけど…)はずっとあなたのともだちだよ」の気持ちを込めて。年長なら、このくらいの絵本もいいと思います☆ともだちって かぜがうつっても へいきだって いってくれるひとともだちって いっしょに かえりたくなるひとともだちって みんながいっちゃったあとも まっててくれるひとともだちって そばにいないときにも いま どうしてるかなって おもいだすひとともだちなら かりたものは きちんと かえそうともだちなら いやがることを するのはよそうひとりでは もてないおもいものも ふたりでなら もてるひとりでは つまらないことも ふたりでやれば おもしろいなかまはずれにされたら どんなきもちかなしっぱいを わらわれたら どんなきもちかなじぶんのいいたいことは はっきりいおう。和田誠氏のイラストもほんわかさせてくれます。3年の息子に購入した所!既に学校で読んだと言われてしまいました。。小一の娘は!一度読んであげると気に入って!ひとりで何度か読み返していました。とても良い絵本ですね。和田さんの絵が大好きで購入。最後のお別れに読み聞かせで読みます。小学校低学年にもお勧めです障害のある息子に「ともだち」との付き合い方を教えるために購入しました。ページ数は多いのですが、言葉が少ないので、子どもたちもこーゆーのが友達かって確認しながら聞いてくれました。と・・・。谷川俊太郎さん!ブラボー。短くシンプルな言葉が胸に響きます。でも ひとりをたくさんでいじめるのは ひきょうだ。このこのために なにをしてあげたらいいだろう。何度読んでも心に残る言葉に出会える本です。すべてひらがなの平易な文章なのに、心に深く染み入ってくる言葉ばかり。内容もお母さんと一緒に!色々考えながら読み進める事が出来る!考えさせられる一冊です。最後の方の写真が怖い。自分もそのお友達のことが大好きで大切。終わりのほうの写真の場面では!真剣に見入っていたそうです。 ・ ・ ・と、ともだちのこと、ともだちとのつきあい方について、やさしい絵と言葉で、とってもわかりやすく描かれています。子ども達にも、たくさん読み聞かせて何かを感じて欲しいと思っています。学校の読み聞かせの時に読んでみようと思います読み聞かせで読みました。かなり分かりやすくていい本です。娘には難しいようですが!将来!特別な本になりそうです。子供にともだちってこうなんだよ〜と何となく分かってもらえたらなとおもいます。買えて良かったです。そんなお友達がいつか!絶対出来るからね。3歳の子供でも!それなりに理解できますし!多くの子供たちに読ませたい本です。けんかはしたっていい。ことばがつうじなくても ともだちはともだち。。と!気持ちを込めてこの本を読み聞かせしています。対応も早く、本屋さんに行って探す手間もなく、時短購入出来て良かったです。この様な本に出会って!良かったと思いました。品切れのところが多くなかなか手に入りません。ともだちっていいなーと思う本です。文も短くて!親子で考えることのできるお気に入りの1冊です。私達大人にも、考えさせられるところがあり、子どもとじっくり友達について語り合えるいい機会になるのではないでしょうか。と言っていたので、ちょっと説明をしたら納得したらしいです。自分のことを大切に思ってくれる。何度も読み返す本になってくれればよいなあ。あいてのいうことは よくきこう。優しさのこもった絵もとても素敵です。8歳を迎える姪っ子ちゃんへのプレゼントです。今まで子供は皆お友達だと思っていた時代は卒業し!人を選んで遊んだり!昔は遊んでいたのに!しばらく遊んでいないともう友達じゃなくなったり!同じ環境にいないと差別したりということが見られるようになった年中世代。。小学校入学のお祝いにプレゼントしました。子供に!渡すのが楽しみでーす☆学校でしょっちゅう友達と喧嘩してくる我が子(すぐ仲直りするようですが・・)に!何か感じてもらえれば!と購入しました。みなさんのレビューを参考に娘の分、お引越しするお友達へ、海外にいるお友達への三冊購入。 大好きな谷川俊太郎さんですし!何より中身もよくて!5歳の息子も大好きです。楽天ブックスは、初めての利用でした。文字数はかなり少ないのですが!それで十分です。とってもすてきな本です。でも!それだけじゃなくて!最後のほうは!会わなくても!友達・・・と!外国の車椅子の子!難民の子!裕福な子!貧しい子!が白黒の写真で出てきます。幼稚園で見つけて、絶対買おうと思いました。としがちがってても ともだちはともだち。本当のお友達って何なんだろうと親のほうが悩んでしまったり。喧嘩はするけど!いじわるはしない。『おおきくなるっていうことは』のおにいさんバージョンてな感じです。最後のページなどは、涙があふれます。大人の私の方がむしろ!感動しているかもしれません。